美味しいお酒で人と人、人と酒、人と町を結ぶ酒。栃木「結城酒造」

天保の改革の水野忠邦の結城藩のあった城下町で江戸末期の安政年間(1854-60)に創業し建てられた酒蔵は、現在も「結城酒造」の醸造蔵として使用されています。長大な建物内部には、釜場・発酵場・麹木枯らし場・土間・畳敷の奥があります。明治期に増設されたレンガ造りの煙突とともに国の重要有形文化財に指定されてます。

「結(ゆい)」のラベルは結城紬の「糸」の輪の中に、おめでたい「吉」が入るという文字デザインです。デザインは結城市の書家、三木翠耿氏です。

岡山県産の雄町を50%精米し、鬼怒川水系のやわらかな伏流水で醸した酒は、小粒で軽い甘さがさらりと口の中に広がり適度な渋みがアクセントになってこぎみよく消えていくフレッシュ感のあるお酒です。

上州沼田で武尊山がもたらす天然水に恵まれた永井酒造。銘酒「水芭蕉」「谷川岳」

武尊山がもたらす天然水に恵まれた川場村に、田んぼに囲まれるように建つのが創業明治19年(1886)の「永井酒造」です。蔵に隣接してあるのが、蔵カフェや売店がある古新館で、ここで試飲ができます。

永井酒造で試飲できる酒は種類が多く8種類の試飲ができます。地元消費の多い川場産の酒米「五百万石」で造った「谷川岳」と兵庫県産の山田錦を使った「水芭蕉」の二大ブランドの純米、純米吟醸、純米大吟醸に「谷川岳とび辛」や食米コシヒカリで造った「水芭蕉」がいただけ、香り、味の微妙な違いが楽しめます。仕込み水も一緒に飲めて水がお酒に変わる過程を想像してみるのも面白いです。

おすすめは蔵元が「水芭蕉」を知るならまずこれをと言われる吟醸酒です。全国新酒鑑評会で十数会も金賞を受賞している人気銘柄で、適度にコクがあって名前の通り可憐で清らかで瑞々しくいつ飲んでもきれいな印象です。吟醸なのに嫌みのない白い花をイメージさせるような味わい。尾瀬の大地にゆっくりと濾過されたミネラルたっぷりの水のよさを最大限引き出した酒造りです。

安心の日本製医薬部外品・返金保証付き
わきがクリームオススメ5選の口コミレビュー掲載