越前勝山藩主・小笠原家に愛育された御用銘酒「一本義」を醸す「一本義久保本店」

明治35年隣家の酒造家が廃業するということで久保家五代目当主仁吉が酒造道具一式買い受け酒造業を興したのが「一本義久保本家」の始まりです。当初の酒銘は、地籍(勝山町澤)と白山の伏流水による豊かな湧水を象徴とした「井」を併せ「澤乃井」としていました。が東京にすでに百年以上前から同銘の酒造元があることから同郷の素封家・笠松家より「一本義」の酒銘を譲り受けたのです。

一本義とは勝山藩小笠原家のご用銘酒であり、禅語「第一義諦」に由来し、「最高の真理、優れた悟りの知恵を極めた境地」を意味します。

新たな限定流通ブランドとして立ち上げたのが「伝心」です。酒が魔法となって心を伝え、和を結ぶことができるという日本人の知恵「伝心」は人の和と輪を醸すお酒です。お勧めは「山田錦」100%使用して袋吊りを採用した酒搾りで、優雅にして華やかな果実の様な香りと透明感のある喉越しを表した伝心「夏」袋吊り純米大吟醸生酒です。