北国街道の宿場町信州上田柳町で女性杜氏が醸す銘酒「亀齢」の蔵「岡崎酒造」

信州上田市柳町は北国街道の宿場町「上田宿」として賑わった町で、今でも長い歴史を感じさせる蔵造りの建物や格子戸の家が多く残り、200mほどの通りには、江戸時代の宝永3年(1706)に創業され、昔ながらの手法を守り手間暇かけて酒造りをおこなってきた老舗の造り酒屋が「岡崎酒造」があります。江戸時代からの建物を補修しながら保存してきたという風格ある木造の建物が特徴です。

全国で珍しい女性杜氏が醸す蔵で代表銘柄は「亀齢(きれい)」で洗米全量手洗いから槽しぼりまで手造りにこだわり丁寧な酒造りをしています。清酒仕込みの梅酒や梅の甘露煮、地酒ケーキ等のお土産も売っています。

通りに面した蔵の一部を改装したアンテナショップでは、無料で5種類ほどのお酒が自由にプラスチックの小さなコップを使って試飲ができます。信州亀齢シリーズは、米の品種や精米歩合による味の違いを楽しめるシリーズです。ひとごこち純米酒は透明度が高く、後味のきれいさが秀逸で、美山錦純米吟醸生は吟醸香と品のあるきれいな旨みがうまく調和しています。