越前勝山藩主・小笠原家に愛育された御用銘酒「一本義」を醸す「一本義久保本店」

明治35年隣家の酒造家が廃業するということで久保家五代目当主仁吉が酒造道具一式買い受け酒造業を興したのが「一本義久保本家」の始まりです。当初の酒銘は、地籍(勝山町澤)と白山の伏流水による豊かな湧水を象徴とした「井」を併せ「澤乃井」としていました。が東京にすでに百年以上前から同銘の酒造元があることから同郷の素封家・笠松家より「一本義」の酒銘を譲り受けたのです。

一本義とは勝山藩小笠原家のご用銘酒であり、禅語「第一義諦」に由来し、「最高の真理、優れた悟りの知恵を極めた境地」を意味します。

新たな限定流通ブランドとして立ち上げたのが「伝心」です。酒が魔法となって心を伝え、和を結ぶことができるという日本人の知恵「伝心」は人の和と輪を醸すお酒です。お勧めは「山田錦」100%使用して袋吊りを採用した酒搾りで、優雅にして華やかな果実の様な香りと透明感のある喉越しを表した伝心「夏」袋吊り純米大吟醸生酒です。

金剛葛城山系の超硬水を仕込み水に使う無濾過、無加水の生酒。奈良御所「油長酒造」

奈良県御所市は大阪府との県境となる金剛・葛城山麓の町です。江戸時代から伊勢街道・竹内街道や高野街道の交通の要衝として重要な役割を果たし、大和絣や菜種油などの商業の街として栄え、寛保2(1742)年の検地絵図と比較しても、当時の町並みとほとんど変わらず、江戸から昭和初期に建てられた町家が百数十軒残っています。

そんな奈良県御所市の町中にあるのが「油長酒造」です。創業は1719年(享保4)名前に油の文字が入っているのは、元々は大和平野で採れる菜種油を売る製油業から始まったとされており、油屋の長兵衛さんで「油長酒造」なのです。現在の看板商品「風の森」は12代山本長兵衛さんが立ちあげたブランドで古事記にも登場する古い地名です。

銘酒「風の森」は、はじけるような発砲感と凝縮された旨みを持つ現代的なお酒です。加熱殺菌を施さず、1年を通じて搾り立ての生酒を販売しています。この蔵では、搾りから瓶詰めまで極力空気を含まないよう工夫され、温度管理にも発酵冷却タンクで徹底的に注意を払うためフレッシュな酒質となります。

酒の仕込み水は金剛葛城山系の深層地下水で硬度214mg/ℓの超硬水です。硬い水なのに鉄分を含まず酒造りにもってこいです。

美味しいお酒で人と人、人と酒、人と町を結ぶ酒。栃木「結城酒造」

天保の改革の水野忠邦の結城藩のあった城下町で江戸末期の安政年間(1854-60)に創業し建てられた酒蔵は、現在も「結城酒造」の醸造蔵として使用されています。長大な建物内部には、釜場・発酵場・麹木枯らし場・土間・畳敷の奥があります。明治期に増設されたレンガ造りの煙突とともに国の重要有形文化財に指定されてます。

「結(ゆい)」のラベルは結城紬の「糸」の輪の中に、おめでたい「吉」が入るという文字デザインです。デザインは結城市の書家、三木翠耿氏です。

岡山県産の雄町を50%精米し、鬼怒川水系のやわらかな伏流水で醸した酒は、小粒で軽い甘さがさらりと口の中に広がり適度な渋みがアクセントになってこぎみよく消えていくフレッシュ感のあるお酒です。

上州沼田で武尊山がもたらす天然水に恵まれた永井酒造。銘酒「水芭蕉」「谷川岳」

武尊山がもたらす天然水に恵まれた川場村に、田んぼに囲まれるように建つのが創業明治19年(1886)の「永井酒造」です。蔵に隣接してあるのが、蔵カフェや売店がある古新館で、ここで試飲ができます。

永井酒造で試飲できる酒は種類が多く8種類の試飲ができます。地元消費の多い川場産の酒米「五百万石」で造った「谷川岳」と兵庫県産の山田錦を使った「水芭蕉」の二大ブランドの純米、純米吟醸、純米大吟醸に「谷川岳とび辛」や食米コシヒカリで造った「水芭蕉」がいただけ、香り、味の微妙な違いが楽しめます。仕込み水も一緒に飲めて水がお酒に変わる過程を想像してみるのも面白いです。

おすすめは蔵元が「水芭蕉」を知るならまずこれをと言われる吟醸酒です。全国新酒鑑評会で十数会も金賞を受賞している人気銘柄で、適度にコクがあって名前の通り可憐で清らかで瑞々しくいつ飲んでもきれいな印象です。吟醸なのに嫌みのない白い花をイメージさせるような味わい。尾瀬の大地にゆっくりと濾過されたミネラルたっぷりの水のよさを最大限引き出した酒造りです。

安心の日本製医薬部外品・返金保証付き
わきがクリームオススメ5選の口コミレビュー掲載

春夏秋冬、四季醸造で醸す煌めきの酒。富山・富美菊酒造「羽根屋」

ここ数年日本酒ファンを唸らせるブランド「羽根屋」を醸す富美菊酒造は現在500石の小さな蔵です。今は使用していない煙突が蔵の歴史を物語っています。酒米を蒸す湯気が勢いよくあがっている蔵は、富山駅から車で15分、神通川の河口、富山湾からも3~4kmの場所にあります。

通常酒造りは寒造りで行われるが四季醸造で常に出来たてを供給しています。「すべてのお酒を大吟醸と同じように醸す」という蔵のキャッチコピー通り、透明感のある味わい、そのうえしっかり旨味もあり、バランスよく飽きずに飲めるお酒を造っています。

銘酒「羽根屋」は蔵元富美菊酒造の古くからの屋号。甘・酸・旨のバランスがよい雑味がない甘味や酸味が強すぎない、でも旨味がある酒です。ANAのファーストクラスにも採用されました。

みんなで飲みたくなる楽しいお酒。富山・桝田酒造店「満寿泉」

北海道の旭川で初代桝田兵三郎が酒造業を創業、その後富山に戻り現在に地岩瀬町で酒造りに行っています。港町にある酒蔵らしく、ハイカラで常によりよくをモットーとしています。仲のいい友人たちと一緒に飲みたい酒をコンセプトにしています。

代表銘柄である「満寿泉」は港の芸者衆にも飲んでもらおうとそれまでの「岩泉」と別ブランドの展開から始まり、名字の桝田に因んだめでたい名前が功を奏し、今や主力のになっている。

新鮮な食材の多い富山県では淡麗辛口であわないことから、醸す酒は味がしっかりしているうま味のある酒です。

SAKEの旨さを福井から世界に伝える加藤吉平商店。銘酒「梵/BORN」

2013年の蔵内平均精米歩合37%と丹念に磨き上げられた米を贅沢に使用した純米酒のみを扱う「加藤吉平商店」である。すべての酒を1~10年間長期氷温熟成させ、本物の旨さがのってから出荷されています。

酒類コンペ・IWCで受賞歴を誇る銘酒「梵」を造る酒蔵。なかでも旨口のシールが貼られた「無濾過生原酒」はこれぞ濃醇といったグラマラスな味わい。日本酒文化の魅力を世界へ紹介することで「梵/BORN」を日本酒の代名詞にしたいと意欲的です。

いまや世界の「梵」。福井の酒として濃醇です。強靭なボディに若い赤ワインのように味が凝縮しています。空気に触れると香りが開き味が本領発揮するワインのような酒です。

美歯口ホワイトはみがきで自宅で手軽に白い歯に

北国街道の宿場町信州上田柳町で女性杜氏が醸す銘酒「亀齢」の蔵「岡崎酒造」

信州上田市柳町は北国街道の宿場町「上田宿」として賑わった町で、今でも長い歴史を感じさせる蔵造りの建物や格子戸の家が多く残り、200mほどの通りには、江戸時代の宝永3年(1706)に創業され、昔ながらの手法を守り手間暇かけて酒造りをおこなってきた老舗の造り酒屋が「岡崎酒造」があります。江戸時代からの建物を補修しながら保存してきたという風格ある木造の建物が特徴です。

全国で珍しい女性杜氏が醸す蔵で代表銘柄は「亀齢(きれい)」で洗米全量手洗いから槽しぼりまで手造りにこだわり丁寧な酒造りをしています。清酒仕込みの梅酒や梅の甘露煮、地酒ケーキ等のお土産も売っています。

通りに面した蔵の一部を改装したアンテナショップでは、無料で5種類ほどのお酒が自由にプラスチックの小さなコップを使って試飲ができます。信州亀齢シリーズは、米の品種や精米歩合による味の違いを楽しめるシリーズです。ひとごこち純米酒は透明度が高く、後味のきれいさが秀逸で、美山錦純米吟醸生は吟醸香と品のあるきれいな旨みがうまく調和しています。

信州下諏訪唯一の蔵元で極上の日本酒「御湖鶴」を。菱友酒造

1912年に創業した下諏訪唯一の蔵元「菱友酒造」。南に諏訪湖、北の霧ヶ峰高原という風光明媚な下諏訪の地に蔵を構える。代表銘柄「御湖鶴」は、初代創業者が夜諏訪湖に飛来して安らいでいた鶴の美しさを夢に見て命名したといいます。「透明感のある酸味」をコンセプトにした日本酒を是非下諏訪の地で味わいたい。

2015_0207_100949-P1060377

菱友酒造のが酒造りに使用している水は、和田峠の黒曜石の採掘地に湧出する天然水です。酒米には山田錦や長野県木島平村だけで栽培されている金紋錦を使った純米酒がおすすめ。

2017_0207_200724-IMG_1689

ショップでは多彩な味わいの御湖鶴を販売しています。

2015_0207_101256-P1060378

アサイー&ベリー味
美味しく食べながらバストアップ<
新感覚バストアップゼリーマシュマロヴィーナス